インターネット通販における個人情報の管理

安全対策上、インターネット上には個人情報をできるだけ登録しておかないというのは基本的なことですが、ネットショッピングを利用する場合は、クレジットカードや住所、電話番号などを入力しなくてはいけません。

このうち、メールアドレスや氏名ぐらいならそれほど問題ではありませんが、クレジットカード情報が流出した場合は番号だけで悪用される可能性もあります。
また、「メールアドレス+パスワード」の組み合わせについても、ほかのサービスでも同じように登録しているケースが多いですので、第三者によって不正にログインされてしまうことも考えられます。

銀行のインターネットバンキングの場合は、何重にもパスワードが設定されているので、メールアドレスやパスワードなどが流出しても問題ないケースもありますが、通常のウェブサイトの会員登録の場合は、メルアドとパスワードだけの簡単な組み合わせのみの場合が多いですので不正にログインされてしまう可能性もあるわけです。

これらの個人情報が流出するパターンとしては2通りのパターンが考えられます。
ひとつは「自分で流出させてしまう」パターン、そしてふたつめは「登録先が流出させてしまう」パターンです。

自分で流出させてしまうケースとしては、フィッシングサイトで個人情報を入力してしまうケースあります。
迷惑メールなどで有名なサイトとそっくりに作成されたページへと誘導され、そこで自ら個人情報を入力してしまうものです。
あるいは、パソコン内で保管している個人情報がファイル交換などでネット上に流れてしまうケースも多いですが、それらを利用していない場合でも、パソコンを修理に出した際に流れてしまうこともあります。

そのようなことを防ぐため、サイトのURLやSSLページの確認してから入力するように気をつけたり、パソコンに人情報を保管しないなど、何らかの対策をしておくことをオススメします。
また、万一、クレジットカード情報が流出した場合にそなえて、できるだけポイント決済で購入するようにしたり、デビットカードなどを利用するようにした方がよいでしょう。


次のページ → perlなどプログラミング言語の習得
前のページ → アフィリエイト広告によるウェブ収入は自然な行為