サイト運営とステルスマーケティング

消費者に広告と分からない状態で宣伝することを“ステルスマーケティング”、あるいは単に“ステマ”と言われています。
いわゆる「やらせ」や「サクラ」という意味ですが、商品やサービスの人気度を意図的に作り出すことで実際の商品の評価よりも高くみせかけ、結果的に売上につなげていく手法のことです。このステルスマーケティングが問題となっているのは、サイト訪問者である消費者が「広告や宣伝とわからない状態」で商品やサービスを訴求されている点にあります。

例えば、著名人がブログで使用してもいない商品を訪問者に宣伝したり、あるいは口コミ掲示板などで人を雇って意図的に高い評価の書き込みをするなどが該当します。往々にして権威の高い学者や芸能人、あるいは人気ブロガーや口コミ掲示板など、信頼性や知名度の高い人に宣伝を依頼するほど評価の信憑性も高まり、結果的に商品の売り上げにつながるという利点があるわけです。

一般的な広告の訴求効果としては、広告と明確に分かる状態で宣伝するよりも、口コミでの宣伝の方がはるかに反応がよいわけですので、大なり小なり、ステルスマーケティングを行っている企業も多いです。

一方で、ウェブサイトの運営者が商品を実際に利用し、本当に素晴らしいと考えてご紹介しているのだとしたら、グレーではあるけれどもセーフであるという風潮があります。やらせではなく、運営者が実際に良い商品と考えてご紹介しているわけですから、この場合は訪問者をだましているわけではないので、ステルスマーケティングとは意味合いが違ってくるのかもしれません。

この点、グレーかセーフの違いは、運営者が本音で良い商品と考えているかどうかという、いわば心のなかの倫理の問題になってしまいます。ですので、サイト運営者側としても高額な報酬には惑わされず、違和感のあるご紹介やレビューはきっぱりとお断りする勇気を持つことが大切です。「訪問者との信頼関係」と「広告主からの報酬」の間でいかにバランスをとるかがサイト運営の重要なポイントとなってくるでしょう。


次のページ → レンタルサーバーの比較情報
前のページ → ウェブマーケティングのススメ