レンタルサーバーの比較情報

インターネット上で何らかのウェブサイトを作成する場合は、ホスティングサーバーの確保が必須の要素となります。
けれどもホスティングサーバーを自前で管理するのは困難なため、専門の会社が提供している"レンタルサーバー"を借りてくるのが一般的です。

このレンタルサーバーを借りる際、大きくわけて"個人向け"と"法人向け"の2種類があります。
個人のホームページで利用する場合は価格の安いものやCMSなどのオープンソースの利用できるかなどが重要な要素です。

一方、法人が利用する場合は、セキュリティーや稼働率といった面に着目してより安全に利用できるものを選択するとよいでしょう。
特にショッピングモールなどのウェブサイトの場合、決済システムの導入に伴うSSL機能やメール配信システムの構築も必要となってくるため、それなりのスペックが要求されてきます。

ただ、レンタルサーバー会社によっては利用できるリソースが制限されているケースもあります。
動画や画像を大量に使用する場合やアクセス数が多いウェブサイトの場合、一定の転送量を超えるとサイトが表示されなくなるケースもあるので注意しまよう。

ウェブサイトを作成する際はレンタルサーバーと伴にドメインの取得も必要となってきますが、必ずしも利用しているホスティングサービスと同一の会社で取得する必要はありません。
ドメインの取得とサーバー契約は別々でも利用できるケースがほとんどです。
たいていは取得したドメインにレンタルサーバー会社から指定されたネームサーバーを設定することで対応できます。
それぞれ利用しやすい会社で契約するのがよいでしょう。


次のページ → オールドドメインによるサイト作成の利点
前のページ → サイト運営とステルスマーケティング