大学教育にかかる費用

入学から卒業までにかかる大学の費用は、4年制の国立総合大学(University)で250万円程度、私大の4年制で380万円程度といわれています。また、理系の場合だとさらに負担が大きくなる傾向にあり、特に私立の医科大学の場合は2,000万円以上かかるともいわれています。
そのほか、学生が地方から上京する場合は生活費もかかりますので、何かと両親へかかる負担が大きくなる傾向にあるわけです。

そのようなわけで、教科書代やサークルの費用、資格取得などの費用などは、学生がアルバイトをしてまかなうことになるわけですが、奨学金の使い道は判断のわかれるところです。

一般的な学生の場合、奨学金は大学の授業料にあて、アパートや食費などの生活費はバイトで稼ぎ、その上で不足する分を親からの仕送りでまかなうというのが基本的なスタンスです。この場合、最終的な奨学金の返済は本人が社会人となってからすることになるので親の実質的な負担は仕送りの分だけということになります。

けれども、生活費をバイトで稼ぐにはかなりの労働時間が必要になりますので、学業がおそろそかになってしまいがちです。
また、ある程度のバイト収入がある場合は学生ローン(student loan)などを借りやすくなりますので、借金が増えるという可能性もあります。
さらに、単位を落として留年ということになると、奨学金などはストップしてしまいますので、かなりの負担がかかってしまうことにもなりかねません。

そのようなわけで、親の方で教育ローンなどを借りて、在学中の生活費までを負担するというケースもあります。
ただ、奨学金が本人名義での借り入れであるのに対し、教育ローンの場合は両親名義での借り入れという違いがあります。
いずれにしても、学生本人と両親がどこまで負担するのかによってかなりの違いが出てきますので、あらかじめよく話しあう必要があります。